幸せな人生を創造するメビウス∞ゆかふぇスタイルコーチングと
幸せな会社を創るメビウス∞ゆかふぇスタイル研修で人と組織を元気に
  1. ”我が剣は、天地とひとつ。ゆえに剣は無くともよいのです”〜バガボンドの宮本武蔵からインスパイアされること
 

”我が剣は、天地とひとつ。ゆえに剣は無くともよいのです”〜バガボンドの宮本武蔵からインスパイアされること

2018/01/05 ”我が剣は、天地とひとつ。ゆえに剣は無くともよいのです”〜バガボンドの宮本武蔵からインスパイアされること

明けましておめでとうございます。

新しい2018年の年明け、どのように過ごされましたか?

 

私は、三が日に「バガボンド」というコミックと、宮本武蔵が晩年に書き残した「五輪書」を再読しながら、自分の仕事や人生に置き換えて今年の生き方を探求していました。

 

バガボンドは、吉川英治の小説を原作に描かれた、宮本武蔵と彼を成長に導いたさまざまな人や出来事との出会いの物語です。

 

昨年とある出会いでバガボンドを全巻通読しました。

 

ストーリーは、宮本武蔵から始まって、柳生石舟斎(やぎゅうせきしゅうさい)、上泉伊勢守(かみいずみいせのかみ)へ。

 

最初に読んだ時、心に響いた言葉がたくさんあるのですが、その中の一つ。

我が剣は、天地とひとつ。ゆえに剣は無くともよいのです

 

全巻読もうと決めたのは、6巻で齢50歳を超えた剣聖・ 上泉伊勢守が、まだ若くて血気盛んな柳生石舟斎に諭すように語りかけるこの言葉でした。

 

剣を極めた剣聖の言葉は、剣の道だけではなくて、全ての道に通ずるものがあると感じます。

 

刀を鞘から抜かない、刀を必要としない無刀の境地に行くために、日々鍛錬し、刀を振る。

 

いつの日か、質問やセラピーを超えて、会って場を共有して目を見ながら話しているだけで、クライアントさんが気づきを得て自由になってゆく。

そして想像を超えたパフォーマンスを発揮してゆく。

 

そんな境地を目指して、今年もコーチング道を精進致します。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


あなたにとって2018年が豊かさと驚きと笑顔に満ちた一年になりますように。

さぁ、また一歩、あなたの夢の実現への準備が進みました☆


ランキングに参加しています。お役に立てたら応援クリックお願いしますね☆

人を幸せにする人になる。人を幸せにする会社を創る。

  • 悩みを解決して、心をラクにしたい
  • こころに決めた目標を達成したい
  • 人を幸せにする会社を作りたい
  • 今より幸せになって、大切な人も幸せにしたい

そんな願いを持つあなたのお役にたちたいと願っています。

会社情報・アクセスはこちら