幸せな人生を創造するゆかふぇスタイルコーチングと
幸せな会社を創るゆかふぇスタイル研修で、人と組織を元気に
  1. 生きること、生きているということ
 

生きること、生きているということ

2017/11/01 生きること、生きているということ

生きること、生きているということ

谷川俊太郎さんの「生きる」
大好きな詩です。

谷川さんといえば、魂に響く素敵な詩を
たくさん生みだしている詩人です。
今年で85歳になられているんですよね。
創造的に何かを生み出す人は、
いくつになっても若いなぁ。。と思います。

谷川さんの詩では、「朝」も好きだけど、
今日ご紹介する
「生きる」
も、大好きな詩です。

生きる    
             谷川 俊太郎         


生きているということ
今生きているということ

それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと


生きているということ
いま生きているということ

それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと


生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ


生きているということ
いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎていくこと


生きているということ
いま生きているということ

鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

とてもシンプルで温かな言葉が連なる、
大好きな詩です。

読むたびに新しくて、
入ってくるものが違います。

あなたにとって、
生きるということ、
生きているということを、
ことばで表現するとしたら、
それはどんな言葉になって出てくるでしょう。

詩人になって、
自分の中から湧き出てくる
「生きる」ということへの想いを
言葉に結晶化してみるのも
素敵な時間の使い方だと思います。

それぞれの「生きるということ」

そして谷川さんの「生きる」に触発されて、
いろんな人が自分の「生きる」を言葉にした本が出ました。

読んでいて、心が温かくなったり、くすりと笑ったり、切なくなったり。
いろんな人の、生きる、が詰まっています。

その中から、心の琴線に触れた言葉をシェアします。

すきなひとの

なまえを

ひなたぼっこしてる

のらねこに

そっと

うちあける

こと

-----


ジャングルジムの上で
食べた
アンパンと牛乳

風邪が治りかけの時
食べた
すりおろしりんご

買い物帰りの
デパートで
夕日を見ながら
食べたオムライス

イツモ
チチト
ハハガ
イテクレタ
コト

-----

独りぼっちということ

寂しいことではないということ

だって わたしという人は

わたししかいないということ

-----

もっともっと

愛すること、



自分を、
世界を。

-----

生きているものたちの

鼓動に耳をすませ

そっと寄り添うこと
-----

小さな奇跡をつみあげていくこと

-----

新しい明日を楽しみにベッドへもぐりこむこと

-----

おのおのがそれぞれの光のある場所を探し立つこと


谷川俊太郎さんの詩「生きる」に触発されて、
それぞれの人が、それぞれの「生きる」を言葉に紡ぎました。

生きるって、素敵で。
生きているって、奇跡です。

あなたにとって、
そして、生きとし生けるすべてにとって、
今日という日が、
素晴らしい一日となりますように。


ランキングに参加しています。  役に立ったら応援クリックをお願いします☆

時間は、命。

あなたは今日、
時間という命を、何に使いますか?

人を幸せにする人になる。人を幸せにする会社を創る。

  • 悩みを解決して、心をラクにしたい
  • こころに決めた目標を達成したい
  • 人を幸せにする会社を作りたい
  • 今より幸せになって、大切な人も幸せにしたい

そんな願いを持つあなたのお役にたちたいと願っています。

会社情報・アクセスはこちら